「温泉の風景」

温泉のどこが好きですか。ほっこり癒される、さっぱりきれいに、ゆっくり休める、うっとり綺麗になる

そして、気のおけないお湯友さん達との語らいでしょうか

九州、全国には様々な温泉があり、色んなお湯との出会いがあります。

私は年に200以上の温泉に入る温泉好き。近場の共同湯、遠くの温泉旅館に入りその体験をレポートします。題して「温泉の風景」。温泉は人生であり、喜怒哀楽の縮図です。さあ、今日も温泉へ行こう。


旅行中、夜中にふと目覚めて、温泉宿のお風呂に一人入りに行く。

そこには源泉かけ流しのお湯が滔々と注がれあふれている。

聞こえるのはザーザーと流れる湯音のみ。

一人真夜中の広い湯船に身を沈め目を閉じると、ああ、温泉にきてほんとうによかったなあ、としみじみ思う。

あれっ、誰もいないと思っていた真夜中の湯船の湯気の向こうに白い裸像が・・・・・。

なーんちゃって、妄想好きな温泉文化研究家の妄想でした。(笑)


Gallery